マンションモデルルームのチェックポイント

夫婦や一人で自立して生活できて、尚且つホテルライクな生活が送れる高齢者向け分譲マンションは人気です。

マンションモデルルームのチェックポイント

高齢者向け分譲マンションについて

高齢化に伴い、高齢者向け分譲マンションを検討する方も多いと聞きます。昭和40年代頃から高齢者向けの分譲マンションは注目されてきたようですが、更なる高齢化社会になり、介護の問題も注目されています。設備面では、共同で利用できる食堂や、大浴場、娯楽施設など充実させて、高齢者が孤立しないようにしています。最近の高齢者向け分譲マンションでは様々なサービスの充実も図っています。高齢になると億劫になる、部屋の電球交換、ゴミ出しなどもフロントに申し出れば助けてもらえるところもあるそうです。アクティブな高齢者が増えた事を受けて、フィットネスクラブや温泉設備を併設しているところもあり、まるでホテルのような生活です。

高齢者向け分譲マンションの入居者は軽度から中等度までの要介護状態であれば、ご自身の公的介護サービスを利用しつつ、共同設備の食堂やマンションのサービスを利用して自立して生活できると言えるでしょう。特に夫婦で入居している場合は、マンション内で必要なサービスを受けやすいので夫婦二人で自立して生活できる期間が長くなる可能性も高いです。しかしながら、食堂にも行けない様な重度の要介護状態になると高齢者向けの分譲マンションとはいえ、生活する事が難しくなるかもしれません。特に一人暮らしだと大変でしょう。こうなると、高齢者向け分譲マンションは売却する事になります。やはり、魅力的な立地で信頼出来る物件は買い手も付き易いですから、購入時にその辺りも注意して選ぶと良いでしょう。