マンションモデルルームのチェックポイント

中古マンションの購入を検討している方にとってマンションの耐震性はとても気になるところです。

マンションモデルルームのチェックポイント

中古マンションの耐震基準

中古マンションを購入する際に、気になるのが耐震性ですよね。特に中古マンションでは、耐震基準改正前の建物かどうかが気になります。1981年(昭和56年)、建築基準法の改正によって「新耐震基準」が施行されました。この施行日(1981年6月1日)以降に、建築確認を受けた建物は「新耐震基準」が適用されています。つまり、中古マンションを購入する際、チェックポイントは「建築確認を受けた日」ということになります。

というのは、建物の工事に着工するのは「建築確認」を受けた後になるからです。一般的にマンションは、工事期間が1年から1年半以上かかります。したがって、1982年夏から秋頃に竣工したマンションでも建築確認を受けた時期は1981年6月前の可能性もあります。また、1983年に竣工したマンションの場合であっても、工事遅延などにより新耐震基準が適用されていないケースもあるようです。工事期間の長い大規模マンションでは、1984年竣工でも同様のことが考えられます。

しかし、マンションの耐震性について考えると新耐震基準が適用されているかどうかだけでは測れない部分もあります。古いマンションでも堅牢な建物もあります。逆に、新耐震基準適用のマンションであっても、危険性の高い物件もあります。建物の耐震性に関する性能は、年々改良されています。免震構造、制震構造などを取り入れた建築物も増え新耐震基準よりも進んだ技術が取り入れられています。また、超高層マンションなどでは新耐震基準よりも厳しい基準を採用しているケースもあります。マンション購入の際には、新耐震基準だけでなくどんな耐震対策が講じられているか確認することが大切です。