マンションモデルルームのチェックポイント

マンションのコミュニティをどのように形成していくかが、購入後の生活だけではなくその後の資産価値にも影響します。

マンションモデルルームのチェックポイント

マンションのコミュニティを

マンションの購入の際、だれでも一度は気にする言葉「資産価値」。自分の買ったマンションの価値がどんどん下がっていくというのはさみしいものですし、もし、何か事情があって家を手放さなければならない時に、売却した価格だけではローンを完済できないという事態にもなりかねず、笑いごとでは済まされません。

実はこのマンションの「資産価値」は、マンションの管理の良し悪しによって大きく左右されるということをご存知ですか?管理の良くない建物は、管理組合が機能しておらず、たとえば長期修繕が計画的になされていない、修繕積立金が安いままである、など財務面でもさることながら、ゴミだし場から異臭がする、廊下が雑然としている、なども管理の悪い例ですね。

このようなマンション管理は、住人で組織される管理組合がいかに機能するかによって大きく異なります。簡単にいえば、同じ建物を共有する者同士助けあうという雰囲気のあるマンションでは、何かあったときにみんなで話し合って建設的に取り組めますから、管理体制の不備にも迅速に対応できるという良さがあります。反対に、全くコミュニケーションが取れていない住民同士では、どうしても意見がバラバラになってしまい、同意が形成されずに結局管理がおざなりになってしまうのです。

注目情報