マンションモデルルームのチェックポイント

マンションにするか一戸建てにするかは、理想の暮らしのイメージを決めると決断がしやすくなります。

マンションモデルルームのチェックポイント

マンションか一戸建てかは理想のイメージが決め手に

マンションにするべきか一戸建てにするべきかそれはその人のライフスタイルに左右されるものです。それはどんな暮らしを求めているのかについてよく考え、条件を精査し、予算や時間を考慮に入れた上で総合的に決断するべき事柄です。

自分の暮らしの予想図を設計することが大切です。仕事との兼ね合いもあるでしょう。都心に仕事場があって、一時間以内に職場に行けるところに住みたいとか、あるいは多少職場までの時間がかかっても構わないから広い家に住みたいとか、理想の暮らしをイメージすることが大切なのです。その中で、絶対譲れないポイントがどこにあるかを考えると、イメージを広げやすくなります。また譲れないポイントがわかると。マンションにすべきか一戸建てにすべきかが決めやすくもなります。その際、そのポイントにマンションと一戸建てとのどちらがより多くあてはまるのかが決め手となってくるはずです。

暮らしの理想的な設計図を立てておくことは、また住みたい家の設計図を描くことと同義なのです。例えば日当たりが良いのが理想の暮らしの設計図だとしたら、それは南向きの間取りという住みたい家の設計図にもなっているのです。このように、理想を思い描いていくと、より住みたい家の形態も決めやすくなってくるのです。