マンションモデルルームのチェックポイント

中古マンションをリフォームしたいと思った場合は、必ず管理規約を確認して、出来るのかチェックしましょう。

マンションモデルルームのチェックポイント

中古マンションのリフォームは、管理規約を確認しよう

中古マンションをリフォームしようと思った場合、どれだけ具体的にこうしたいといった案を出しても、リフォーム業者から、リフォームが出来ないと言われてしまう可能性がありますので、注意が必要です。では、一体どのようなリフォームをするのに、制限が掛かってしまうのでしょうか。まず、床材の変更をしたいと思った場合には、必ず管理規約を見て、変更をしても良いのかどうかというのを、確認してからリフォームの依頼をしましょう。畳をフローリングにしたいと思っていても、フローリングの遮音性能を規定していたりする場合には、管理規約に従わなくてはいけません。

そして、玄関やサッシ、窓ガラスをリフォームしたいと思う人も多いでしょう。ですが、マンションの場合ですと、一般的にそれらは共有部分にあたりますので、リフォームをする事が出来ないのです。ですが、管理規約によっては、サッシや窓ガラスであれば、リフォームしても問題ない可能性もありますので、必ず管理規約を確認しましょう。また、サッシの内側を2重サッシにしたり、玄関の内側を塗りかえる程度のリフォームであれば、一般的に可能です。このように、マンションのリフォームをする場合は、管理規約を確かめる必要がありますので、必ず確認してくださいね。