マンションモデルルームのチェックポイント

マンション購入後、住宅ローンを返済しないと最終的にはそのマンションは差し押さえられます。事前相談が大事です。

マンションモデルルームのチェックポイント

マンション購入後、ローン返済が難しい場合

頑張って頭金を貯めて、住宅ローンの審査も通って、念願の新築マンションを手に入れたとして、その後、住宅ローンの支払ができなくなってしまえば、最終的にはそのマンションは取り上げられてしまいます。住宅ローンを組む場合には、保証会社の抵当権が付くことが条件になることがほとんどで、返済できない借金の返済に充てるために取り上げられ売却されてしまうのです。

しかし、住宅ローンの引き落としの日にたまたま残高が不足してしまい引き落とせなかった場合に、即抵当権が実行されるわけではもちろんありません。もし、返済が苦しいことについて借入をした金融機関に相談をしていない場合には、未払いの最初の1〜2カ月は電話などで「引落しができてない」と伝えられるだけというのが一般的です。

さらに、未払い期間が3〜5か月になると「いついつまでに払ってくれ」というように日付ありで督促されるようになり、6ヵ月たつと「何月何日までに振り込まれない場合には、マンションは差し押さえる」となっていくのが一般的です。こうならないためにも、最初に引落しができなくなるタイミングの前に金融機関に相談に行くことが一番重要です。そうすると、金融機関は返済期限の延長などの相談に乗ってくれます。