マンションモデルルームのチェックポイント

マンション購入時の住宅ローンの申込者の審査では、収入が長期的に安定していると有利になります。

マンションモデルルームのチェックポイント

マンション購入時の住宅ローン申込者審査

マンション購入時の住宅ローン審査では、物件の審査も重要ですが、ローン申し込み者の審査が最も重要です。金融機関としては、多額のお金をその人が返済してくれることを信じて貸し出すわけですが、その前段階として、その申込者のことを理解しなければ信じることができません。もちろんその申込者の人柄なども大きく影響する場合がありますが、なんといっても重要視されるのが収入の安定と、その収入に対する返済比率です。

収入の安定は高収入とはまったく違うものです。住宅ローンの返済は長い物で35年などに渡って返済をしていくことになるため、今年たまたま収入が高かったなどということには金融機関はほとんど興味がないのです。そのため、会社員などのように雇用が安定していて一定額が継続的にかつ長期的に収入が期待できる申込者が審査を乗り切り易くなるのです。

ただ、安定していればいくらでも貸すというわけではないのは当然です。その申し込み者の年収に対して、借入金の年の返済金額が何%になるのかを見ます。それが返済比率というものです。金融機関ごとに基準は多少違いますが、返済比率が40%を超えるとその金額の融資を受けるのは難しくなるでしょう。注意点としては、借入金の年の返済金額には、住宅ローンだけではなく、教育ローンや自動車ローンなどすべての借入返済が含まれることです。

注目情報