マンションモデルルームのチェックポイント

マンション購入時の住宅ローン審査では、所得証明から税金支払い、物件関係など多数の書類の提出が求められます。

マンションモデルルームのチェックポイント

マンション購入時の住宅ローン審査書類

マンション購入と住宅ローンは切っても切れない関係です。マンションの代金と諸経費をすべて自己資金で賄ってしまうことができる人であってあえて低金利の住宅ローンを積極的に活用する場合もあるぐらいです。その住宅ローンですが、借りたら返すというハードルがあるだけでなく、最初の段階で審査に通るという大きなハードルが待ち受けています。

金融機関が中心となり、保証会社の評価も含めて審査が行われます。内容は、申込者の所属会社などの属性、年収、その安定性などと同時に、担保物件となるマンションの流通性や品質、評価額などです。金融機関はこれらを、書類の提出を受けて確認することを中心に、ヒアリングや現地調査を交えて融資の審査の結論を出していきます。

必要書類としては、健康保険証(または国民健康保険証)、源泉徴収票、確定申告書控(自営業は過去3年分など)、公的所得証明書、納税証明書などの属性・所得関係や、重要事項説明書、売買契約書、住宅性能評価書、登記事項証明書、地図や図面などの物件関係があり、多数の書類の提出が求められます。金融機関としても、その書類から多くのことを読み取る必要があり、ヒアリングの内容との相違などから真実の姿を見抜くようにしています。そのための材料がこれら書類なのです。

注目情報

  • 府中 脱毛ご存知かもしれませんが、ご紹介します。