マンションモデルルームのチェックポイント

マンション購入後、余裕資金が貯まってきたら、ローンの一部繰上返済を検討することは資金効率の点からも有効です。

マンションモデルルームのチェックポイント

マンション購入後の住宅ローン繰上返済

マンション購入時に住宅ローンを借りますが、その時点では万が一返済できないということが起きないように、返済期間は長めにとって、月々の返済額は抑え気味にしている場合も多いでしょうし、そもそもそうしないと返済比率の関係から希望する額の融資を受けることができないという場合もあるでしょう。

しかし、マンション購入後しばらくすると状況が変化することもあります。給料はそんなにあがらないと悲観的に予測していたにもかかわらず景気が上向き自分の成果も認められてぐんぐん給料があがったりボーナスが大幅に増え、まとまったお金ができてくることもあるでしょう。また、定年後まで返済期間が続く予定でローンを組んでいても、退職金というまとまったお金が入ってきたらそれで返そうかと考えるかもしれません。

そんな場合は、ローンの一部繰上返済をするという方法があります。これによって、そのまま払い続けるよりも少ない利息負担で済ませることができます。一部繰上返済の方法としては、返済額を変えないで返済期間を短くする期間短縮型と、返済期限は変えずに毎月の返済額を減らす返済額軽減型の二種類があります。貯まった資金を預金などで寝かせるよりは繰り上げ返済により利息削減効果を確定させる方が資金運用の観点からも有効です。